施設が充実しているスパ&ゴルフリゾート久慈

茨城県常陸太田市にあるスパ&ゴルフリゾート久慈のコースは、伝説のゴルファーとして知られている中部銀次郎が設計を監修したもので、6,256ヤードPAR72で、ベント芝のワングリーンを採用しています。
2番ホールは394ヤードPAR4のミドルホールですが、直角の左ドッグレッグのため、ティーグラウンドから見えない位置に池が配置されており、コース全体で大小7つの池があります。

このホールに限らず、巧妙に配置された池や様々なハザードのバランスが良いため、正統派コースとして多くのゴルファーに愛されています。

コースはもちろん、施設も充実しているのが最大の特徴で、リゾートホテルのようなこだわり溢れるインテリアのクラブハウスや、高級感のあるロッカールームがあり、露天風呂付きの天然温泉は男女それぞれに用意され寛ぐことができます。

温泉は地下1,200mから湧き出すアルカリ性単純泉である「松ヶ沢温泉」で、露天風呂では岩風呂が楽しめ、日帰り入浴プランもあり、選べる食事の付いたセットも用意されているので、温泉だけでも利用可能です。

スパ&ゴルフリゾート久慈には、地産地消にこだわった地元の旬の食材を利用したメニューが楽しめるレストラン「ダイニング&カフェ THE GRILL」があるので、一般的なゴルフ場とは違った本格的な食事も楽しめます。

そのように、施設も充実しているスパ&ゴルフリゾート久慈で、ゴルフのラウンドだけではない上質なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ