女性ゴルファーやシニア層から人気が高い協和ゴルフクラブ

協和ゴルフクラブは京都府相楽郡に位置しており、車でのアクセスの場合、名神高速道路相楽インターチェンジからおよそ14キロ、京滋バイパスの各インターチェンジからは10キロから13キロほど離れた所にあります。
鷲嶺山麓を望むコースに松林や効果的に配置された大小の池がアクセントとなり、優雅な景観が楽しめます。
コースの設計は、日本のゴルフ場を多数手掛ける浅川吉男が担当してしており、全体的にフラットで18ホールの内15ホールでグリーンが見渡せて広々としています。

アウトは全体的に打ち下ろしのホールが多いのでやさしそうな印象を受け、そのため、女性ゴルファーやシニア層から特に人気が高いゴルフ場です。
しかし、4番ホールは難易度が高く、フェアウェイが右に傾斜しているので2打目もやや下がり気味となる為、グリーンを狙うには高い技術を要します。

また、6番ホールは左手に池が臨めるミドルホールが、12番は谷越え、13番は池越えと、一筋縄ではいかない工夫が随所に施されており、ゴルフの醍醐味を存分に味わえます。

加えて、グリーンは18ホールの中でもかなりアンジュレーションが効いているので、難易度が高めの造りと言えるでしょう。

奥深く、戦略性に富んだ協和ゴルフクラブは、1974年の開場以来、京都府内で歴史あるゴルフ場として地元ゴルファーや関西地方のゴルファーから愛され、リピーターも数多く存在します。

また、ここはセルフスタイルのゴルフ場で月曜と金曜はノーポーターデーとなっているので、クラブハウス到着後、荷物の持ち運びは各自で行う事になっているので留意して下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ