レオマ高原ゴルフ倶楽部はクラブが3番手も違ってくる戦略性の高いゴルフ場です

徳島県三好市のレオマ高原ゴルフ倶楽部は、井川池田インターチェンジから車で約20分の所に位置し、平成5年に開場しました。
四国では珍しい本格派アメリカンスタイルのゴルフ場で、山道の進入路を登り詰めると広大なコースが姿を現します。
一部アップダウンの大きなホールもありますが全体的な作りはフラットになっており、高原の解放感を存分に味わい爽やかにプレイ出来ます。
サンド・ベントの1グリーンを採用し、グリーンの大きさは1,000平方メートルとゆったりとしています。

ピンの位置によっては使用するクラブが3番手も違ってくるため、グリーンを狙うショットは要注意です。

特に7番と9番の両ミドルが名物ホールで、いずれもグリーン手前右サイドに池が立ちはだかり戦略性を高めており、ゴルフの醍醐味を満喫出来る18コースが揃います。

レオマ高原ゴルフ倶楽部は爽やかな高原の風と山容を映し出す池、白砂のバンカーと、雄大な自然とコースの造形美が見事に調和した芸術性の高いゴルフ場なので、地元の徳島からだけでなく、四国全域や岡山、広島、大阪などからもゴルファーが訪れます。

クラブハウスの中は太陽の光が溢れる吹き抜けが気持ち良いロビーと落ち着いた雰囲気でくつろげるラウンジ、談話が弾むコンペティションルーム、ゆったりしたスペースで明るく清潔感が漂うロッカールーム、コースの空気を体感出来る広々とした展望大浴場など、どれをとっても申し分ないリラックス空間に仕上がっています。

クラブハウスから望む180度のパノラマコースと、その奥に連なる山々の景観を楽しみながらプレイ出来るレオマ高原ゴルフ倶楽部で、ゴルフの醍醐味を味わってみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ