政財界の著名人に愛されるゴルフ場スリーハンドレッドクラブ

神奈川県茅ヶ崎にあるスリーハンドレッドクラブは、1962年に開場したゴルフ場です。
このコースは、日本のゴルフ場グリーンとして初めて、ペンクロスクリーピングベントグラスが採用されました。
茅ヶ崎市の丘陵に広がる松林に囲まれた美しいコースは、全体的に長めの距離と自然の起伏がスコアメイクを難しくし、特にインコースは厳しいホールが連続します。

開場当時、他コースが20万、30万円で会員募集している時に、このクラブは220万円という10倍近い金額で募集を開始し、更に、名門・程ヶ谷カントリー倶楽部でも年会費1万2千円だった時代に、年会費10万円という超一流の高級ゴルフクラブとして知られ、あの中曽根康弘氏が取締役会長を勤めています。

入会基準も、日本駐在の外国大使は入会金無しという待遇であるものの、政治家の場合は首相・外相の経験者のみ、財界人の場合は一部上場企業で50歳以上という大変厳しいものです。

この入会基準は、ワシントン郊外にある名門・バーニングツリーゴルフクラブがモデルになっており、設計者である東急電鉄の二代目・五島昇氏が、スリーハンドレッドクラブのプライドをどの辺りに置いたのか窺う事が出来ます。

スリーハンドレッドの名は、入会金が平均300万円だった事と当初の会員定員が300名だった事に由来されますが、運営上の予算確保などを理由に399名まで会員枠を拡大させ、一時は346名まで会員数を増やしました。

現在でも、クラブの経費はメンバーが支えるというスタイルを維持しており、政財界の著名人に愛されるスリーハンドレッドクラブは、富士山の眺めを含めて、全てが一流を感じさせるゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ