タイのゴルフ場ランキングに入るようなクオリティの高いゴルフ場

首都バンコクの近郊を中心として国内に270ヶ所以上のゴルフコースを擁するタイは、東南アジアでも有数のゴルフ天国です。
タイのゴルフ場はいずれも、その規模や設備において非常に高いクオリティを誇っており、日本人のみならず韓国や香港と言った海外のゴルファーがコンディションの良いゴルフコースを求めてやって来ます。
プーケットやパタヤ、ホアヒンなどの人気観光地周辺には著名なコースや、デザイナーや住年の名プレイヤーが手掛けたワールドクラスのゴルフコースが多数存在し、近年はビッグトーナメントの開催を何度も行なっています。

例えば、プーケットに位置するブルーキャニオン・カントリークラブは、キャニオン、レイクの36ホールを備え、アジアで最も難しく美しいゴルフコースと称される超有名トーナメントコースです。

730エーカーの広大な敷地には、練習場、パッティンググリーン、ジャグジーやサウナ、レストランと豪華な設備も魅力で、コース内外で第一級のサービスを提供するこのゴルフ場は、タイのゴルフ場ランキングがあれば1位と言っても過言ではありません。

タイ・カントリークラブは、ワールドカップ開催の為に作られた18ホールのコースで、コースのメンテナスの良さとキャディの質など、バンコクで最も人気のあるゴルフ場の一つです。

コースの造りは、平坦な地形ながらもいやらしく池やバンカーが配置されているので難度を高めています。

クラブハウスとレストランの行き届いたサービスに定評があり、タイ人のVIPや日本の商社の様なハイクラスの人が多くプレイする場所として在住者にも人気があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ