プーケットのゴルフ場の魅力について

タイのプーケットはリゾート地として有名で、美しい海やビーチも魅力的ですが、実はゴルフ場が充実している事でも知られています。
「ブルーキャニオンカントリークラブ」は、名実共にアジア最高のゴルフ場で、アンダマン海とパンガーの山並みを望む丘稜地帯に位置し、730エーカーの広大な敷地を有します。
豪華な施設と暖かいおもてなしで、第一級のサービスを体験出来るでしょう。

「プーケットカントリークラブ」は島内で最も歴史があり、オールドコースとカントリーコースという、趣の異なる2つのコースで構成されています。
このコースは、1989年に昔のスズ鉱山の跡地に造成する形で作られました。

その為、どちらのコースも池や川が随所に存在し、プレイヤーの挑戦意欲を掻き立ててくれます。
クラブハウスの従業員が家庭的な雰囲気であたたかく迎えてくれ、日本語を話せるスタッフも居るので安心です。

「ラグーナプーケットゴルフクラブ」は、高級リゾートホテル「バンヤンツリーホテル」に隣接しており、リゾート色の濃いゴルフコースが魅力で、比較的平坦なコースと、ヤシの木がある広々としたフェアウェイは、南国ムードに浸りながらプレーにするのに最適な環境と言えるでしょう。

「ロックパームゴルフクラブ」は、近年大掛かりなコース改修を終了したばかりで、自然環境に配慮し尚且つすべてのゴルファーが楽しめるようにというコンセプトのもと展開されています。

コースの随所に植えられた1万本とも言われるヤシの木と、水面を吹く風に、思わず心と体が癒されるでしょう。

これらプーケットの本格的なゴルフ場で、リゾートゴルフを思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ