それぞれに魅力的な特徴のある宇都宮のゴルフ場

栃木では1980年代頃に数多くのゴルフ場が造られ、宇都宮にも複数のゴルフ場が存在します。
JGMゴルフクラブ宇都宮コースは、帝王ジャック・ニクラスの妥協を許さないコース設計が最大の特徴で、アンジュレーションやバンカーなどが巧妙に配置された高い戦略性のコースデザインは、あらゆるプレーヤーのチャレンジ精神をくすぐります。
また、クラブハウスには解放感溢れる大浴場が併設されており、心安らぐ緑に囲まれた風景を存分に堪能する事が出来るでしょう。

サンヒルズカントリークラブは、ロバート・トレント・ジョーンズ・JRの設計による、36ホールの丘陵コースが自慢です。

自然の起伏を存分に活かして造られたイースト・ウエストの両コースは、どのホールも景観が素晴らしく、初心者からベテランまで、誰もがゴルフの醍醐味を味わえます。

また、リゾート感覚溢れるホテルを備えたクラブハウスには、180度パノラマの景観が楽しめるメインダイニングや、露天風呂も楽しめる天然温泉などもあり、シニアや女性の方にも人気です。

レイクランドカントリークラブは、遠くに日光連山、近くに古賀志山が望める、景観の美しいコースが魅力で、池越えの美しいミドルホール、砲台グリーンのロングホール、美しさの裏にトゲを隠したショートホールなど、それぞれのホールに個性があり、多彩なグリーンの表情が楽しめます。

レストランやクラブハウス等の設備も整っており、3個の新鮮な地卵をシェフが丁寧に焼きあげた地卵のオムライスは、クラブの看板メニューになっています。

宇都宮でゴルフを行う際には、これらを参考にゴルフ場を探してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ