関東のゴルフ場数ランキングでわかる魅力

全国のゴルフ場数は約2,405コースで、入場者数はおよそ8,675万人で、その内、関東圏には約700コースあり、日本全国の約3割を占めています。
アクセスの良さとニーズの高さから、首都圏を囲む様にゴルフ場が集中しているのが特徴的です。

関東(一都五県)の中でも、千葉県は約155コース、約263万人の入場者数で、北海道、兵庫県に次ぐ全国ゴルフ場ランキング第3位という多さです。
関東圏内でも1年中安定した気候である事と都心からのアクセスの良さから、多くのプレーヤーに好まれています。

また、数々のトーナメンが開催される事から、ギャラリー入場者数が多い事も大きく影響していると考えられます。

千葉県に次いで栃木県は約140コース、約241万人の入場者数で全国4位で、比較的安いプレー価格で、評価の高いコースや地域によって様々なコースが体験出来ます。

全国5位が茨城県で約130コース、約263万人の入場者数で、ビジターでも手軽にプレー出来る事と日本最大級のコストパフォーマンスが魅力です。

次いで埼玉が約83コース、約190万人で8位で、エリアによって様々なコースが楽しめ、群馬県は約80コース、約136万人で9位で、有名設計士が手掛けたコースや初心者向けのコースなどの魅力があります。

神奈川県は約50コース、約122万人で16位で、富士山やプレー後の温泉などの観光も魅力です。
最後に、東京が約20コース、約40万人で全国38位となっています。

この様に、関東のゴルフ場は立地条件の良さだけではなく、コースの質の高さや観光など様々な魅力が多くのプレーヤーの心を掴んでいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ