宮古島のゴルフ場を紹介します

宮古島は、沖縄本島から南西方向に約310キロ、隣の石垣島までは東北東に約133キロの距離に位置する島です。
平均気温はおよそ23度で、平均湿度は80%の高温多湿の熱帯性海洋性気候ですが、四方の海から吹く風で夏でも過ごしやすく、1年を通して観光客が多く訪れています。
島での遊びと言うとやはりダイビングやシーカヤックの様なマリンレジャーが有名ですが、冬の時期はその温暖な気候を求めてゴルフを楽しみに多くのゴルファーが訪れます。

この地域のゴルフ場は何と言っても絶好のロケーションが自慢で、オーシャンビューの素晴らしい景色を楽しみながらプレイ出来、「日本一海に近いゴルフリゾート」が謳い文句のエメラルドコースゴルフリンクスは、太陽と風、サンゴ礁の海、亜熱帯の樹木など、南国の自然を最大限に活かした本格的海洋コースのゴルフ場です。

コースは全体がフラットで一見攻めやすい印象を与えますが、各所に点在する池やバンカーには注意が必要です。

ティーから浜へ降りられる6番、自然の入江を取り入れた海越えの16番と絶好の風景の中にそれぞれ特徴があり、何度も挑戦したくなる戦略性を秘めています。

18ホール全てで青く輝く海が望めるシギラベイカントリークラブは、ガジュマルをはじめ沖縄を代表するデイゴ、ブーゲンビリア等の花木に囲まれた美しさが特徴のシーサイドコースです。

全体的に起伏のあるホールが多く、戦略的な面白さがあるので、上級者からビギナーまで本格プレイが堪能出来ます。
また、11番は海に向かっての豪快なティショットが楽しめる名物ホールになっています。

この様なリゾート気分を存分に味わえるゴルフ場が宮古島には存在します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ