平坦な丘陵地から海、山が近いコースなど様々な特徴を持った宮城県のゴルフ場

宮城県には40近くのゴルフ場があり、冬場は雪が降るためクローズとなるクラブがほとんどなので、お勧めのシーズンは春や秋です。
夏場も都心に比べると過ごしやすい気温で、中でも朝や夜を狙って訪れるのが良いでしょう。
この地域ではフラットな丘陵地から海に程近い所、山岳地帯のコースなど、色々な特徴を持ったゴルフクラブで楽しむことが出来ます。

そういった様々な特色が感じられる宮城のゴルフ場ですが、仙台市泉区に位置する「泉国際ゴルフ倶楽部」は、泉ヶ岳のふもとの丘陵地に広がる高低差の少ない林間コースのゴルフクラブで、ティーグラウンドからはほとんどグリーンのピンが見えるように設計されており、また、広々としたフェアウェイにフルショットが楽しめます。

木の温もりを肌で感じられるクラブハウスの中には、朝食や軽食が出来るティーラウンジと落ち着いた雰囲気のレストラン、男性用のシャワースペースやロッカーに加え、女性専用のラウンジにパウダールームも完備されています。

亘理郡山元町に位置する「宮城野ゴルフクラブ」は、太平洋の海と山々を同時に味わいながらプレーが楽しめ、県内でも数少ないオールシーズンのコースとなっており、冬季は特に東北のゴルファー達に人気です。

クラブハウスは白色が鮮やかな印象を持った建物で、内部にはレストランやプロショップ、浴室にコンペルームなどの設備が整っています。

こうした様々な特徴を持つ宮城県のゴルフ場を、ぜひ訪れてみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ