プレーフィーが少し高めに設定された高級ゴルフ場

全国には様々なゴルフ場が存在しており、海が望めるシーサイドのコースや山々の鮮やかな緑を楽しみながらプレー可能なコースなど特徴は様々あります。
そういった中で、一般的な利用料金よりも少し高めに設定している高級ゴルフ場があり、岡山県玉野市に位置する「東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ」は、総面積が170万平方メートルもの広大な敷地に、瀬戸内海を一望出来る光景が見事なゴルフ場です。

また、クラブハウスは解放的な雰囲気を放つレンガ造りの建物で、中は陽光が差し込む明るいレストランと瀬戸内の多島美を満喫出来るカフェ、眺めが自慢の大浴場、大人数入れるコンペルームなどが完備されています。

料金は、ビジタープレーフィーが平日18,800円、土日祝日ですと27,600円で、エントリーするにはメンバーからの紹介が必要です。

続いて紹介するのは、千葉県に位置する「ロッテ皆吉台カントリー倶楽部」で、房総にある丘陵地を活かしたなだらかなコースになっており、適度なアップダウンは見られますが、フェアウェイは広くゆったりとした設計が特徴です。

クラブハウスには高級感の漂うレストランや浴室、特別室のロイヤルルームなどが設けられていて、訪れる時期によって利用料は変わり、例えば4月から6月の平日は18,000円、土曜なら29,000円、日曜ですと28,000円になります。

こちらも、予約するには会員同伴あるいは紹介が必要です。

こうした利用料金が少し高めな高級ゴルフ場を訪れ、いつもと一味違ったプレーを楽しみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ