鹿児島県のゴルフ場ランキングの紹介

鹿児島県内にはおよそ300のゴルフコースがあり、九州の各県内でもゴルフ場保有数は第3位を誇ります。
昭和30年代に開場した伝統あるクラブや国際的ゴルフトーナメントで使用された所も存在し、名コース・名門コースが揃っています。
また、美しいロケーションと、コースの難易度や戦略性がゴルファーから絶大な支持を得ており、年間の平均気温は18度と過ごしやすく、冬季クローズもないので、年末年始の休暇を利用して県外からもゴルフ旅行に訪れる観光客も大勢います。

あるサイトで発表された鹿児島県のゴルフ場を各部門別に調査したランキングによると、いぶすきゴルフクラブは名門コースで、トーナメント開催実績数とコースの難易度において1位を獲得しました。

ゆったりとした起伏が活かされたコースは、プロトーナメントを強く意識して設計されており、18ホールが調和した難易度を生み出し戦略性に富みます。

名物であるアンジュレーションがある800平方メートルのベントのワングリーンは、いつでも最高のコンディションで楽しめます。
ベストコースランキングが2位、歴史の古い名門コースで1位を獲得した霧島ゴルフクラブは、南九州で最も早い昭和32年に開場したコースです。

霧島・屋久国立公園内に位置し、前方は錦江湾に浮かぶ桜島が、後方には霧島連山に囲まれた雄大な温泉郷を一望出来、戦略性の高いゴルフが楽しめます。

手作りのコースは、高原にありながらフラットで立木が多いので、トラブルショットに注意が必要です。
アウト3番のロングホールは幅が広く、桜島の噴煙を見ながら豪快なショットが可能な打ち下ろしになっています。

この様な、魅力的なゴルフ場が鹿児島には多数存在しますので、是非訪れてみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ