雄大な自然に囲まれながらプレーが楽しめる秋田県にあるゴルフ場

秋田県にはゴルフ場が20ヶ所前後あり、豪雪地帯のため12月から3月末まではクローズとなります。
冬場は雪がとても多く夏は暑いため、快適にプレーをするなら秋がお勧めです。
寒暖の差が大きいため、山々の紅葉が美しく色付く中でのゴルフを味わうことが出来ます。
また、日本百名山の一つである鳥海山が眺められたり、青々とした日本海を望めたりと雄大な自然に囲まれながらのプレーが楽しめます。
そういった、魅力的な秋田県のゴルフ場をいくつか紹介していきます。

1ヶ所目は「秋田カントリー倶楽部」で、シーサイドタイプのコースから見える景観が見事であり、1980年代にはプロトーナメントが数多く開催された実績を持つゴルフクラブです。

太平山・日本海・鳥海山の3つのコース、全27ホールからなっており、全体的に黒松でセパレートされています。

コースの特徴は、太平山コースでは海に面した男鹿半島の景色を眺めながら楽しめ、日本海コースは風の影響を受けやすいホールが多く、また、鳥海山コースは池やバンカーが巧みに配されているといった、それぞれ趣の異なった3コースが味わえます。

続いて紹介するのは、横手市に位置する「羽後カントリー倶楽部」で、80万平方メートルもの広々とした敷地の丘陵コースで、比較的アップダウンの激しい戦略性豊かなコースレイアウトとなっています。

さらに、自然の地形をそのまま活かした設計なので、四季の移り変わりを楽しみながらプレー出来ます。

このような秋田県のゴルフ場で、大自然の素晴らしさを感じつつゴルフを満喫しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ