ロイヤルゴルフクラブの名が付くゴルフ場

青森ロイヤルゴルフクラブは、冬場は大鰐スキー場として営業している阿闍羅山頂に造られ抜群の景観を誇ります。
山頂にありながら緩やかな起伏の丘陵コースからはリゾートの雰囲気が溢れ、レベルに合わせたゴルフが楽しめるシビアなコース設計も魅力です。
レストランメニューも充実しており、同敷地内には白亜の建物が北欧を感じさせるリゾートホテルの青森ロイヤルホテルもあります。
佐賀ロイヤルゴルフクラブでは、悠久の歴史と美しい自然に抱かれた理想のロイヤルコースが堪能出来ます。

杉の自然林によって美しくセパレートされたコースは全体にフラットなデザインが特徴で、ミドルホールが続いても変化を存分に楽しめるよう設計されています。

クラブハウスには温泉付バスルームが用意され、プレー後に天然温泉を楽しめるのも嬉しいポイントです。

また、全16打席で奥行き200ヤードの本格的な練習場や、バンカーとアプローチの練習場を完備するなど、ゴルフを楽しむのに最適の空間となっています。

奈良ロイヤルゴルフクラブは、奈良県の深い緑に囲まれた丘陵地にあるゴルフ場で、水をモチーフに設計され、総面積100万平方メートルの広大な敷地の中、6つの池が7つのホールに絡まるという大変戦略性が高いコースで、プレーヤーの挑戦意欲が掻き立てられます。

特に、OUTコースの9番ホールはフェアウェイが3つの池に囲まれており、グリーンの左右後方も池という名物ホールで、正確なクラブ選択とショットが必要です。

これらどのゴルフ場も、ロイヤルの名に相応しい品格を持った素晴らしい環境なのは間違いありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ