個性と歴史を誇る大洗ゴルフ倶楽部

大洗ゴルフ倶楽部は、茨城県東茨城郡の大洗町にあることから名付けられ、1950年代に作られ、地域振興と自然環境の保全を同時に図れないかという発想から誕生した歴史あるゴルフ場です
また、日本では珍しいシーサイドリンクス(砂丘地)という立地条件に恵まれ、他に類を見ない黒松林に富んだ極めて個性的なコースを誇ります。

この個性的なコースは、自生する松林を見事に活かしたバリエーションに富み、フェアウェイに吹く海からの風が微妙なショットコントロールを要する、ゴルファーの腕の見せどころがあるコースです。

距離のあるホールやテクニックが要求されるホールなど、全18ホール中にバランスよく難易度を増す仕掛けがあり、頭を使わせるプレーが堪能できるよう設計されていて、樹木の成長の具合によって難しさも増す千変万化の魅力にあふれています。

コースをまわってからの昼食はゆったりとしたレストランで、和洋そろったシェフ自慢の人気メニューがお楽しみいただけます。
ロッジも備えているため宿泊も可能で、明日への英気を養ってまたゴルフへと臨めるでしょう。

お土産には大洗特産の新鮮な魚介類を、好きなものを組み合わせて購入することも可能です。
遠方よりお越しの方には地方発送も受け付けているので、ご家族へのお土産に新鮮な海の恵みが利用できます。

また、電車で来場する利用客にはクラブバスも運行しており好評です。

これらのさまざまな魅力あふれるこの大洗ゴルフ倶楽部を予約の際には会員の方からの紹介が必要となりますが、一度試してみることを是非お勧めいたします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ