清澄ゴルフ倶楽部は自然を活かしたゴルフ場です

ゴルフというスポーツは、知らない人はいないと言っても過言ではないくらい有名なスポーツです。
日本各地にゴルフ場は存在し、多くのゴルファーを楽しませています。
埼玉県東松山市に作られた清澄ゴルフ倶楽部は、「できるだけ自然に」というコンセプトから設計されており、その地の樹木をそのまま活かし、丘陵地に造成されて可能な限りフラットな林間風のコースが特徴的です。

アウトは、第2打が谷越えとなる5番ミドルとグリーン左に池が掛かる9番ロング以外は厳しいハザードは少なく、無理をしなければスコアはまとめ易いでしょう。

インは10番と13番を除いて、池やクリークなど水絡みのホールが続きます。

特に名物の17番ショートホールは絵に描いた様な美しい池越えのホールですが、グリーンの大半が池に囲まれているので心理的なプレッシャーを感じます。

インを上手く切り抜けると好スコアが期待出来、ゴルフを存分に楽しめるでしょう。

ホールの移動はナビゲーションシステムを搭載した5人乗りの乗用カートを使うのでプレーに専念出来ますし、また、切り妻屋根のクラブハウスはアットホームな雰囲気がプレーヤーを優しく包み込み、次のプレーへの潤いのひとときやラウンド後の充足感を感じさせてくれます。

併設されるレストランからは四季折々のゴルフ場の景色が楽しめ、豊富なメニューがゴルファー達のお腹を満たします。

この様な気配りが感じられる安らぎの場を提供する清澄ゴルフ倶楽部は、親しい友人たちの語らいやトップエグゼクティブのもてなしにも最適なゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ