瀬田ゴルフコースには北・東・西とそれぞれ違ったタイプの3コースがあります

瀬田ゴルフコースは滋賀県大津市瀬田に所在するゴルフ場で、アクセスは名神高速道路の瀬田東インターまたは瀬田西インターから2km、電車を利用の場合は東海道本線の石山駅を下車後タクシーで約10分です。
このゴルフ場は琵琶湖や比叡山を眺望できる緩やかな丘陵地に展開し、北・東・西の3コース、合わせて54ホールから成り、どのコースもフェアウェイが広々としているため豪快なショットを堪能できます。

それぞれのコースの特徴ですが、まず、北コースは名匠井上誠一氏の設計です。

適度な起伏を持つ丘陵コースとなっており、全米女子ツアーの公式戦も開催されたことのあるトーナメントコースで、ラウンドスタイルは、キャディ付で乗用ゴルフカーを使用してのプレーとなります。

また、東コースも井上誠一氏による設計で、全ホールが砲台グリーンになっていて、芝目や傾斜の読みが重要な戦略性豊かなコースです。
ラウンドスタイルはキャディ付かセルフプレーの選択制で、ゴルフカーには最新型のGPSナビを搭載しています。

そして西コースはフラットな地形に効果的に池が配され、ビギナーや女性にも十分に楽しめるコース設定で、ラウンドスタイルはフェアウェイに乗り入れ可能な最新型GPSナビ付のゴルフカーを使用してのセルフプレーです。

クラブハウスは次世代を感じさせる洗練された空間になっており、初めて訪れた女性であっても快適に利用できるよう追求された造りで、女性専用のパウダールームは勿論、女性用のバスルームも広々としています。

このように、女性にも優しく、それぞれ違ったタイプの3コースがある瀬田ゴルフコースで是非プレーを楽しんではいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ