トーナメントが行われた回数が多いランキングで上位に入る埼玉県のゴルフ場

埼玉県は80ヶ所以上のゴルフ場が営業している地域で、日本オープンなどの大きなトーナメントが開催されているエリアでもあります。
また、都心から1時間程で行けるコースも多く、アクセス環境に恵まれているため手軽にゴルフが満喫出来ますし、内陸部へ足を運べば雄大な自然の中でのプレーも楽しめます。
このような魅力を持つ埼玉のゴルフ場ですが、トーナメントが開催された実績のあるコースを存分に楽しんでみたいと思いませんか。

とあるランキングで1973年から2013年の間、トーナメントが行われた回数の多い上位の2ヶ所を紹介していきます。

まずは飯能市に位置する武蔵丘ゴルフコースで、回数が16回と県内で最も多く、マツダジャパンクラシックやミズノクラシックなどの大会が開催されているゴルフクラブです。

1997年には、プロゴルファーとして有名なタイガーウッズが初めて日本でプレーをしたコースでもあります。
コースは広大な面積で全18ホールが展開し、ヒノキや松、桜といった緑の濃い自然を味わいながら解放的なゴルフが堪能出来ます。

そして、2ヶ所目の嵐山カントリークラブも、日本オープンゴルフ選手権やレディースの大会などが計10回行われた実績を持つゴルフクラブです。
自然の地形をそのまま活かして造られたチャンピオンコースは、フェアウェイが左右の傾斜と前後のうねりでプレー攻略の難しさをより高めています。

比較的平坦な構成のアウトに起伏のあるインというように、それぞれに違った顔を持つコースレイアウトが特徴です。

埼玉県には、こういった有名な大会が行われた実績のあるゴルフ場が多いので、実際に大会で使用されたコースを是非味わってみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ