自然を満喫しながらトーナメントコースでプレーが楽しめる鹿児島のゴルフ場

九州の鹿児島県には、世界遺産にも登録されている屋久島や、宇宙航空研究開発機構が運用している種子島宇宙センター、この地のシンボルとも言われる桜島など、見所が数多くある地域として有名です。
また、山や海といった自然を満喫出来るだけでなく、霧島神宮や和気神社のように歴史も沢山味わうことが出来ます。
こういった魅力の宝庫とも言える鹿児島ですが、ゴルフ場も県内に30ヶ所存在しており、国際ゴルフのトーナメントが行われた所や自然を存分に感じられるコースなどがあります。

1年を通して平均気温が18度とゴルフプレーに適した気温ですし、冬場もクローズせず楽しめるので、県内外から多くのプレーヤーが訪れています。

一部例を挙げると、霧島市に位置する溝辺カントリークラブは、東に霊峰霧島連山、南には雄峰桜島の見事なスケールが感じられるゴルフクラブで、その温暖な気候から、年間を通じて多くの利用者がプレーを楽しんでいます。

コースは自然の美しさと造形美が調和した丘陵コースで、アウトでは絶妙に配置された池のバランスが見事ですし、インは飛ばす距離が求められ、程良い緊張感を持って楽しめるなど、戦略性が味わえるコースデザインとなっています。

そして、トーナメント開催の実績を持つのは薩摩川内市に位置する祁答院ゴルフ倶楽部で、多くのプレーヤーに楽しんでもらえる平坦な造りが特徴のゴルフクラブです。

フェアウェイやバンカーが所々に配されているため戦略性を考える必要がありますから、トーナメントコースならではのチャレンジし甲斐のあるレイアウトと言えます。

このようなゴルフ場が点在する鹿児島で豊かな緑を感じながら、トーナメントが行われたコースを攻略してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ