アクセス環境に恵まれた大宮のゴルフ場で気軽にプレーをする

大宮は1940年から2001年まで埼玉県の南部にあった都市で、平成の大合併により2001年5月にさいたま市の一部となった地域です。
観光スポットには、2400年の歴史をもつ氷川神社や、桜の名所でも知られる大宮公園、また、その公園内にある小動物園では動物に触れ合えるなど色々な見所を持っています。
そんな大宮にはゴルフ場がいくつか点在し、都心からのアクセス環境が抜群なので気軽にプレーを楽しめます。

例えば、県内最大級のバラエティーに富んだコースが魅力の大宮国際カントリー倶楽部は、都内から車で約45分、電車の場合は指扇駅で下車後タクシーを使って5分程で着きます。

更に、このゴルフクラブはアクセスの良さだけが魅力ではなく、緑が溢れ川に周りを囲まれたロケーションが見事なゴルフ場でもあります。
コースには、ちどり・しらさ・とき・ひばり・せきれいと鳥の名前が付けられていて、それぞれ9ホールずつの全45ホールで構成されています。

フラットな造りで豪快なショットが楽しめたり、池やバンカーが配された戦略性豊かなコースがあったりと色々な表情を持つコースも魅力の一つです。

他にも、浦和ゴルフ倶楽部も都心からアクセスし易く、40分程で行けるため首都圏に住むゴルファーには日帰りでプレー出来るコースとして特に良い評価を得ています。

コースは平坦な地形となっていますが、林や池によって戦略性の高められたコースデザインが特徴なので、正確なショットを打つテクニックが要求されます。

この様に、アクセス環境に恵まれているゴルフクラブを利用して、気軽にプレーを楽しんでみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ