名門コースや中村寅吉氏設計のゴルフ場がある東松山市でプレーし、一段上の技量を身に付けましょう

埼玉県東松山市は埼玉県のほぼ中心に位置し、比企丘陵に囲まれた首都圏とは思われないほど緑の豊かな人口約9万人の街で、交通の便も良く、東武東上線・東松山駅から池袋駅まではTJライナーなら最短44分というのも魅力です。
春は4万本のつつじが見事な物見山公園、夏の花火大会などが見所として知られていますが、隠れたグルメがありそれは「やきとり」です。

この「やきとり」は豚肉のカシラ肉を焼いたものにピリ辛のみそだれをつけて食べますが、昭和30年代に始まり現在は人口1万人当たりの「やきとり」店が約7.2店と全国一で、そのおいしさが評判となっています。

こうした東松山市には比企丘陵の自然を利用したゴルフ場が5箇所存在しますが、ここでは代表的な2コースを取り上げます。

まず、「高坂カントリークラブ」は昭和33年オープンで、50余年という長い歴史を誇る埼玉県でも屈指の名門コースで、45万坪の広大な敷地に米山コース、岩殿コースの2コースがあります。

平成24年に新しいクラブハウスが完成し、歴史の良さを残しながらも解放感に満ちたレストランや展望カウンター、自然の陽光を一杯に受けられるテラスが好評です。

また、「川越カントリークラブ」は中コース・西コース・東コースの3コースとトータル27ホールがあり、中村寅吉が設計のゴルフ場として名を馳せています。

その設計思想は巧みなコース造りに表れていて、かなりの上級者もスコアメイクには手こずると共に、初心者でも勇気をもって攻めて行けば十分ゴルフの楽しさを味わえます。

この様な名門コースや中村寅吉氏設計のゴルフ場がある東松山市でプレーし、一段上の技量を目指しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ