宿泊施設と一体となった那須にあるゴルフ場はホテルステイも楽しめる

栃木県の那須高原は、日光国立公園の一角を占める観光地として、茶臼岳・朝日岳・三本木槍岳からなる山々と、高原の火山帯から噴出する豊富な湯量が自慢の温泉郷が有名で、塩原温泉、板室温泉、そして秘湯と称される三斗小屋温泉といった所がよく知られています。
この高原一帯は、栃木県北部、関東の最北端に位置しており、東北自動車道やJR東北新幹線を使えば首都圏からも日帰り可能なアクセスの良さから、多くの観光客が訪れると共に、ゴルフを楽しむ為のゴルフ・リゾート施設も多数あり、40以上のゴルフ場が存在しています。

但し、交通の便が良いとは言え、都心からだと車で2時間30分ほど掛かり、遠方からのゴルファーには温泉保養と観光を兼ねた宿泊プランの方がより寛いでプレー出来るでしょう。

宿泊施設と一体となったゴルフ場もあり、「ウエルネスの那須 & 25那須ゴルフガーデン」は、豪華なホテルステイをエンジョイしながらゴルフプレーに興ずる事が可能となっています。

ホテルからスタート出来る本格的なリゾートコースとして、フラットなフェアウェイに池、クリーク、バンカーが巧みに配置されていて、ビギナーから上級者まで楽しめます。

「ホテル & リゾート 那須霞ヶ城ゴルフクラブ」は、広大な丘陵に展開する自然の地形を活かしたチャンピオンコースで、ホテル内には天然温泉の大浴場やエステティックサロンなど、リゾートホテルに相応しい設備が整っていてゆったりと過ごせます。

この様な那須にある宿泊施設と一体となったゴルフ場は、日々のストレス解消とリフレッシュにお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ