日本海や立山連峰の雄大な自然を眺めながらプレーを楽しめる富山県のゴルフ場

富山県は、北部は日本海に面し、南部は立山連峰をはじめとした山岳地帯からなる海と山の自然に恵まれた県で、ホタルイカや鱒ずしといった海の幸や、富山湾の蜃気楼、立山山麓を走る立山黒部アルペンルートといった観光資源でも知られています。
こうした富山県には、プロのトーナメントが開催されたコースなど20箇所近いゴルフ場があります。

まず、トーナメント開催実績があるコースを挙げると、富山市の呉羽カントリークラブは1982年と1983年の2回「富山県オープン」が開催されています。

このクラブは、日本海コース6,550ヤード・パー72、立山コース6,555ヤード・パー71、それぞれ18ホールで日本海や立山連峰を眺めながらのプレーが醍醐味です。

次に八尾市にある八尾カントリークラブでは、2010年と2013年にJLPGAツアーの「日医工女子オープンゴルフトーナメント」が開催されています。

こちらの八尾カントリークラブは立山連峰を背景に深い森と緑の樹木が見事な山麓に造られたコースで、距離6,914ヤード・18ホール・パー72となっています。

また、トーナメント開催実績は無いものの、県内最大のゴルフ場として高岡ゴルフ倶楽部があり、古都万葉の風情を感じさせるユニークな名前が付いたコースとして知られていて、そのコースは頼成コース7,010ヤード、万葉コース6,907ヤードのそれぞれ18ホール・パー72、やはり立山連峰を背景としたプレーが魅力的です。

この様に、日本海や立山連峰の大自然を背景にゴルフが楽しめる、富山県のゴルフ場でのプレーはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ