探せばすぐそこに、北海道パークゴルフ場

休日にパークゴルフを楽しんでみませんか。
パークゴルフとは、芝でおおわれたコースで、スタート地点から専用のクラブでボールを打ち、どれくらい少ない打数でカップにボールを入れるかを競う競技です。
ティーからカップまでを9ホール単位のハーフを2回で、18のホールを回って1ラウンドになります。

ここまではゴルフと変わりませんが、1ホールの距離はゴルフよりも短い20~100メートルの距離になっていて、カップに3回で入れる基準のパー3から、5回で入れる基準のパー5の間で数が決まっています。

北海道はパークゴルフの発祥地のためか、北海道パークゴルフ場と一口にいっても、その数は500件を超える数が開場されています。

服装は動きやすい服装なら何でもOKで、靴は芝を傷めない様に、かかとの無い底が平らな運動靴が良い等、小さいお子さんから高齢者までが共に楽しめるスポーツになっています。

また、冬期間も楽しめる「雪中パークゴルフ場」もあり、雪の上は打球が滑るので力加減が難しいなど、北海道ならではの芝の上との違いの楽しみが味わえます。

パークゴルフと一緒に温泉や北海道グルメがセットになっているプランもあるので、北海道旅行を考えているならば、一度パークゴルフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スコアを競う競技ではありますが、マナーを重視し、コミュニケーションと健康を遊びの中から感じることができるので、たった1本のクラブでカップを狙う奥深さをきっと味わえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ