恵み豊かな北陸のゴルフ場で自然を満喫しながらプレーする

北陸は本州中央部の日本海側にある地区で、福井・石川・富山・新潟県の4県をこう呼びます。
この地方は非常に自然が豊かで、景勝地の鶴仙渓や大きな岩壁が連なった東尋坊、黒部渓谷といった有名なスポットも多くあり、人々を惹き付けています。
このような自然環境に恵まれた北陸には、ゴルフ場が合わせて100以上も点在しており、雪国として有名な地方だけに冬場はゴルフが出来ないと思われがちですが、沿岸部なら積雪が少なめなので冬季シーズンでも十分にプレーが可能です。

例えば、石川県に位置する片山津ゴルフ場は、昭和32年に設立された歴史のあるゴルフクラブで、自然の地形をそのまま活かしたデザインとなっています。

コースはアウトとインの18コースが日本海・加賀・白山の3つずつ計6コースで構成され、それぞれに特徴を持っています。

霊峰白山に向かって豪快に打つホールや、紺碧の日本海を一望しながらのショットが可能なホールなど、大自然の中でプレーが堪能出来、気持ちが高揚するでしょう。

また、豊かな自然を感じながらプレーを楽しめる場所は他にもあり、富山県の魚津国際カントリークラブもその中の一つです。

18ホールが2コースに分かれており、バラエティ豊かな打ち下ろしが味わえるホールや戦略性が求められるホールなど、個性溢れるホールがプレーヤーを魅了します。

そして、四季折々に咲く花々に安らぎを感じ、背後には北アルプスの僧ヶ岳が望めますし、特に日本海に沈む夕日は必見です。
北陸の素晴らしい自然を思いっ切り満喫出来るこれらのゴルフ場でプレーを楽しんでみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ