ゴルフプレーは勿論、ゴルフミュージアム鑑賞の楽しみもあるアスレチックゴルフ倶楽部

茨城県稲敷市にあるアスレチックゴルフ倶楽部は、距離6,902ヤード・18ホール・パー72のゴルフ場で、庭園がテーマのゴルフコースとして四季折々の美しい花々を見ながらプレーを楽しめます。
このゴルフ倶楽部はアクセスの良さも魅力となっていて、車を利用の場合、圏央道・阿見東ICから約30分、関東自動車道・成田ICから約35分、電車ならJR成田線・成田駅下車後タクシーで約30分です。

そして、そのコースは高低差僅か7mというフラットさを特徴としており、平坦な地形を利用してビギナーから上級者までゴルフの醍醐味を味わえる様、8箇所の池とグラスバンカーを含む103箇所のバンカーが戦略的に配置されています。

ティーグラウンドに立つと、咲き誇る花々や水色の池、白色のバンカーのコントラストが見事なホールが続き、景観に圧倒されると共に池やバンカーへの挑戦に心が高まる事でしょう。

こうした戦略的な18ホールのプレーを終えた後の休息には、ヨーロッパ調のレンガ作りの外観が壮麗なクラブハウスが待ち受けています。

解放感に満ち溢れ、落ち着いた雰囲気の館内は施設も充実していて、コンペの会食メニューがあるレストランや、椅子席100名まで、立食なら150名まで利用可能なコンペルームの他、大浴場や女性用のパウダールームも完備しています。

そして、クラブハウスのアピールポイントは、年代物のクラブやボール、絵画などを展示したゴルフミュージアムの存在で、ゴルフ好きの人なら是非一度見ておきたいものです。

この様に、ゴルフプレーは勿論ゴルフミュージアム鑑賞の楽しみもあるアスレチックゴルフ倶楽部はお勧めのゴルフ場と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ