尾崎直道プロが設計・監修したこぶしゴルフ倶楽部

岐阜県御嵩町にあるこぶしゴルフ倶楽部は、近くを流れる木曽川と岐阜の山並みが美しい、距離6,931ヤード・18ホール・パー72のチャンピオンコースです。
そのアクセスは、車なら中央自動車道・土岐ICから15km、電車の場合はJR中央本線・土岐駅下車後タクシーで約20分、名古屋中心部からは、車なら1時間10分ほどで到着可能な為、岐阜県内や名古屋をはじめ、中部地方一帯のゴルファーが訪れます。

このゴルフ倶楽部は尾崎直道プロが設計・監修した国内唯一のゴルフコースとして知られており、その設計意図の一つが岐阜の自然美を最大限活用したコース造りで、例えば各ホール間が緑溢れる樹木により完全にセパレートされるという形で表現され、その景観は見事です。

こうした景観が美しいホールの中からスコアメイク困難なホールを挙げると、アウト9番650ヤードのロングホールは、600ヤードを超す距離の長さから力自慢のパワーヒッターでもその攻め方には苦労するホールとなっています。

このアウト9番の攻略には思い切りの良いスイングが第一に求められると共に、グリーン近くになると池やバンカーへの対応も必要とされる挑戦しがいのある難ホールです。

また、比較的難易度が低いホールの例としてはイン13番が挙げられます。

182ヤードとショートホールの中では長めですが、広めのフェアウェイを一直線に打っていけるので、ビギナーも果敢に向かっていけるニアピン推奨ホールです。

この様な岐阜の自然を舞台としてこぶしゴルフ倶楽部でプレーをすれば、心身のリフレッシュと共に明日の活力が得られるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ