荒川河川敷の解放感に浸り、武蔵野を偲ばせる雑木林の中でゴルフを楽しめる浦和ゴルフ倶楽部

埼玉県さいたま市にある浦和ゴルフ倶楽部は、交通の便の良さで知られ、車なら首都高・戸田南ICから5km、首都高大宮線・浦和南ICから3km、電車でもJR京浜東北線・浦和駅下車後タクシーで約15分と、どちらの手段でも都心からなら1時間も掛からないほどです。
コースデータは距離6,566ヤード・18ホール・パー72で、さいたま市を流れる荒川の河川敷を利用して造られている為、河川敷ならではの解放感があり、都会に立地している事を忘れる位のびのびとプレー出来ます。

各ホールは河川敷特有の比較的フラットな地形に、古き武蔵野を偲ばせる松・ケヤキ・ブナなどの雑木林によってセパレートされたフェアウェイが造られ、その雑木林の緑とハザードとして配置された池の青さのコントラストが見事です。

特に、アウト6番180ヤードのショートホールは、フェアウェイの左側のOBの雑木林近くまで延びた大きな池に目を奪われますが、フェアウエイの右側は広めになっているので、ワンオンは難しくても右側からうまく攻めていければ初心者でもパープレーに期待が持てます。

他方、距離の長いホールの例はアウト4番525ヤードのロングホールで、ティーグラウンド近くとグリーン横の2つの池がプレッシャーとなる他、大きく右にドッグレッグになったフェアウェイが待ち構えています。

このアウト4番は、池ポチャを回避する為のショットの方向性とドッグレッグ攻略の戦略性が求められ、上級者でもスコアメイクは容易ではありません。
河川敷の解放感に浸り、古い時代を偲ばせる雑木林の中でゴルフを楽しめる浦和ゴルフ倶楽部でのプレーはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ