伊吹山を背景に自然と一体となってプレーを楽しめるアイランドゴルフガーデン上石津

アイランドゴルフガーデン上石津(以前は、上石津ゴルフ倶楽部)は、岐阜県大垣市にある6,162ヤード・パー70のコースで、戦略性に富んだコース造りで知られる川田太三氏が設計したゴルフ場です。
アクセスも良く、車の場合は名神高速・関ヶ原ICから約20分、電車ならJR東海道線・関ヶ原駅からタクシーで約20分と、岐阜県近郊に居住するゴルファーにも便利な立地です。

コースに関しては伊吹山や養老山脈を間近に望む林間コースで戦略性の高さは勿論、四季折々の美しさを見せる大自然と触れ合いながらプレーに打ち込めます。

中でも特徴的なホールはアウト6番325ヤード・パー4のミドルホールで、フェアウェイ中央付近の池とグリーン周りのバンカーに惑わされると共に、樹木のOBラインが落下地点を狭くしている為、短めの距離とは言えスコアメイクは容易ではありません。

また、パワーに自信のあるゴルファーにはイン16番524ヤード・パー5のロングホールが腕の見せ所ですが、ここでもフェアウェイが全体的に右へ傾斜しているのと、2打目以降のバンカーがプレーヤーの前に立ち塞がってプレッシャーを与えます。

クラブハウスも充実していて、レストランやプロショップ、最大32名まで収容可能なコンペルームも備えられている他、大浴場の窓からの眺めは風景画を見ている様でプレーの疲れをゆっくりと癒す事が出来ます。

こうした自然と一体となってゴルフを楽しめるアイランドゴルフガーデン上石津でプレーし、心身共にリフレッシュしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ