プロトーナメントも行われる本格派コース関西ゴルフ倶楽部

兵庫県三木市にある関西ゴルフ倶楽部は、高低差がほとんど無い地形に大小10個の池があり、8ホールが池に絡んでいます。
特にアウトの4番と8番は池越えとなっており、プレーヤーにプレッシャーを与えます。
インでは、16番から18番が左右どちらかに池が配置されているコースレイアウトとなっていて、PAR72、7,026ヤード、ベントグリーンの1グリーンを採用しています。

このコースは、2013年には日本女子プロツアー「リゾートトラストレディス」の会場にもなり、2014年の開催も決定しています。
ラウンドスタイルは全組キャディー付きで乗用カートを利用してのラウンドとなり、シューズはソフトスパイクのみとなっているので注意が必要です。

施設は洋風建築の高級感溢れるクラブハウスにサロンやコンペルーム、レストランが完備され、レストランでは朝食は和洋に加えてイタリアンホットサンドを味わう事が出来ます。

ランチでは、和風の御膳から洋風の倶楽部特製のカレー、イタリアンとしてキノコとからすみの和風パスタ、中華としては角煮とんこつ醤油ラーメンなど多くのメニューが用意されています。

アクセスは、車の場合は中国自動車道・吉川ICから約10分、電車の場合は、JR福知山線・三田駅および新三田駅を下車した後、タクシーで約20分となっています。

チャレンジスピリットを沸き立たせる戦略性に溢れた関西ゴルフ倶楽部は、プロゴルフトーナメントも行われるように本格的ながら幅広いゴルファーが楽しめるゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ