小高い丘に囲まれた利府ゴルフ倶楽部は伸びやかな地形の戦略性豊かなコースです

宮城県の利府町にある利府ゴルフ倶楽部は、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン開催コースで、仙台北部道路の利府しらかし台インターから約2km、三陸自動車道の利府・塩釜インターからは約4.5km、そして東北自動車道の大和インターからは約12kmのところに位置しています。
地形に恵まれたこの丘陵コースは、敷地周りが緑生い茂る小高い丘に囲まれており、日常を忘れられる様な空間でプレーが楽しめます。

そして、伸びやかな自然の地形を最大限に生かし、アップダウンは少ないながらもアンジュレーションが巧みに盛り込まれ、池やバンカーも効果的にレイアウトされた戦略性の高いコースです。

また、ブラインドが少ないフェアな設計になっており、ホール間のインターバルが短いのも特徴です。
名物ホールは15番で、池越えのショートホールとなっています。

2段グリーンのとても美しいホールで、芝目が池方向に向いており、ピンの位置によって攻略法が変わる難しさがあります。
ラウンドスタイルはキャディ付かセルフの選択制になっていて、レンタルクラブが3,000円、レンタルシューズは1,000円です。
クラブハウスは、スポーツマインドに寄り添う「軽快な空間づくり」がコンセプトになっています。

洗練された落ち着きのある施設内には、フロントやラウンジをはじめ、開放的なレストラン、そしてゴルフ用品のみならず地元のお土産なども多数取り揃えたプロショップ、浴室、ロッカールームなどがあり非常に充実しています。

この利府ゴルフ倶楽部は、あらゆる層のプレーヤーが各々に攻めのゴルフを堪能できるコースです。
是非挑戦してはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ