湖が敷地内にあり、自然と一体化したプレーが楽しめるアルカディアゴルフクラブ

千葉県市原市にあるアルカディアゴルフクラブは、距離がアウト3,388ヤード・イン3,418ヤード・トータル6,806ヤードで、ホール数18・パー72の丘陵タイプのゴルフクラブです。
このクラブは旧名称を千葉レイクサイドカントリー倶楽部と言い、その名が示すように地内には湖があり、水鳥などが集まって来る自然豊かなコースとして知られていました。

平成22年に名称がアルカディアゴルフクラブとなってからも、継続して自然との調和が図られており、小動物たちとの触れ合いが楽しめます。

ラウンドするコースは、距離的には6,806ヤードと攻めやすい印象がある反面、変化に富んだホールが多く、スコアメークには落とし所を見極める攻略プランとショットの正確さが求められます。

例えば、アウト・イン共に長めのショートホールが攻略のポイントで、ファーストショットの強さと方向性がスコアを左右します。
また、グリーンにのった後も、ベント芝とコーライ芝を併用したグリーンの芝目の読みには繊細さが必要です。

プレー料金はいずれもセルフプレー・食事込みで、平日6,500円・土日10,800円・祝日8,800円とリーズナブルなプライスですが、毎月曜日はセルフデーと称し、特別に6,000円でプレー出来ます。

アルカディアゴルフクラブは湖と一体化したプレーが楽しめると共に、ショットの正確さやグリーン上の読みが要求されるコースデザインで、ゴルフの醍醐味が満喫可能なクラブとしてお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ