カレドニアンゴルフクラブはリンクス思想を持つ戦略型コースです

カレドニアンゴルフクラブは千葉県山武郡横芝光町にあり、千葉東金道路の松尾横芝インターより1kmのところにあります。
このコースは、不世出の設計家と言われるJ・マイケル・ポーレット氏による設計で、スコットランドのリンクス思想とアメリカンスタイルを融合させ、また、日本の美も兼ね備える全18ホールから構成されています。

国際的な評価も高く、過去10年以上に渡って米国のゴルフマガジン誌「世界名コース100選」にノミネートされており、タカラワールドや日本プロ選手権など数多くの大会が開催されている有名なチャンピオンコースでもあります。

ひとつとして類似のホールがなく、それぞれが調和し合って連繋しているコースレイアウトは、アベレージゴルファーやトッププロまでもが、ゴルフの真髄を堪能できる戦略性の高いコースです。

アウトコースは3番以外の8ホールに池が配されていて、6番は2打目以降、右サイドに大きな池があります。
フェアウェイが右に傾斜しているためショットの正確性が求められ、高低差のある2段グリーンは、ピンポジションによっては攻め方が難しいホールです。

また、インコース14番はフェアウェイにポットバンカーが多く、短く刻んだゴルフを要し、18番は右サイドに大きな池があるため攻略ルートの選択が難しく、グリーン左縁の真っ白なビーチバンカーが印象的な高難度のホールとなっています。

カレドニアンゴルフクラブは四季折々にコースを彩る花々も美しく、都心からも1時間とアクセスも便利です。
この格式高いエキサイティングな戦略型コースに、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ