設計者の意図した策略が面白いキングフィールズゴルフクラブ

キングフィールズゴルフクラブは千葉県市原市に位置し、館山自動車道の市原インターから12kmのところにあります。
このゴルフ場は、緩やかな起伏の形状の土地に溶け込むように展開された丘陵タイプで、1グリーンの周辺に多数のヒトデ型バンカーのレイアウトが特徴的なアメリカンスタイルのコースです。

フェアウェイは比較的広く、随所に様々な大きさの池が効果的に配され、バンカーの配置やグリーンの傾斜が効いていたりと、設計者の意図的な策略が大いに面白さを感じさせます。

如何にして、打ってはいけない方向を見抜くかがスコアメイクのポイントとなり、まるでパズルを紐解くようなコースとも言えるでしょう。

その中のいくつかのホールを紹介すると、アウト5番打ち下ろしのショートホールはニアピン推奨ホールで、風に影響されやすい為、クラブ選択が重要です。

6番はグリーンの手前に横切るクリークが印象的で、ドラコン推奨ホールの8番は、3段になっているグリーンが特徴的なミドルホールで、フェアウェイの勾配やグリーンの傾斜には注意が必要です。

グリーン右手前のアリソンバンカーが要注意な9番や、グリーン前にある渚バンカーが美しいイン11番などもあります。
17番はこのコースを代表するロングホールで、池を見下ろしながら豪快なショットを楽しめ、バーディが出やすいチャンスホールです。

このキングフィールズゴルフクラブは都心からも好アクセスで、クラブハウスも落ち着いた雰囲気から十分くつろげる空間になっていますので、是非、設計者の出す難題に挑戦してはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ