瀬戸内海に臨む自然豊かなコースでプレー出来るグランディ鳴門ゴルフクラブ36

グランディ鳴門ゴルフクラブ36は徳島県鳴門市に位置し、瀬戸内海に臨む雄大なコースレイアウトが好評な、宿泊ロッジ棟もある四国最大のゴルフリゾートと言われているゴルフクラブです。
クラブ利用の際のアクセスは、神戸淡路鳴門自動車道の鳴門ICから約20分、高松自動車道の引田ICから約15分で、電車の場合は、JR徳島線徳島駅からタクシーで約45分、飛行機利用の際は徳島空港からタクシーで約30分となっています。

コースの概要は、距離14,148ヤード、36ホール、パー144の丘陵コースで、ショットの良し悪しが勝負を決める鍵を握っています。

ショットが良ければ次打は打ち易いゾーン、ミスショットの場合は次打も難しいリカバリーが必要と、ショットとリカバリー技術の両方が試されるコース設定です。

更に、距離の長いホールを強打しつつも、フェアウェイとラフのアンジュレーションを乗り越えるテクニックを要し、途中のバンカーもサンドバンカーとグラスバンカーありと巧妙なコース造りとなっています。

2、6、7番などにある池は、瀬戸内海の景観とマッチした美しい配置で、自然豊かな戦略性に富んだコースが人気を呼ぶと共に、プレーヤーのプログラムに合わせて気軽にカートが使える、アメリカンスタイルのシステムが採用されています。

グランディ鳴門ゴルフクラブ36は、スパリゾートや会員制ホテルといった施設が併設された複合リゾートで、キッズルームやガーデンプールの様なレジャー設備も付帯していますので、ゴルフをしない家族や友人との利用にも最適なクラブとしてお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ