水使いの名人が手掛けたコオリナゴルフクラブ

コオリナゴルフクラブは、ハワイを代表するゴルフコースで、オアフ島西部の静かなオーシャンフロントに広がるコオリナ・リゾート&マリーナの中にあります。
ゴルフダイジェスト誌の全米トップ75リゾートコースにも選ばれたこのコースは、LPGAのトーナメントやシニアPGAのトーナメントが行われたチャンピオンコースです。

その特徴は、「水使いの名人」とも呼ばれるテッド・ロビンソンが設計したことからか、16ものウォーターハザードと段差の付いたグリーン、フェアウェイの広さ等が挙げられます。

そして、距離は長短あるので、初級者から上級者まで楽しめます。

12番のショートホールはティーグラウンドの後ろに滝が流れ、左には池があり、コース屈指の景観が堪能出来るホールです。
名物ホールは410ヤードの18番ミドルホールで、280ヤード地点に池がある為ロングヒッターは注意したい所でしょう。

更に、2打目の位置から左サイドには、池がグリーン手前まで配置され、池越えか右のフェアウェイを狙うかで悩ませてくれるという難しいホールです。

攻略の友としては、乗用カートにGPSが装備されており、ピンまでの残りヤード数が分かるので役立ちます。

ワイキキから約40分にあるコオリナゴルフクラブでは、ワイキキからの無料送迎サービスがあり、24時間前までの予約によって利用可能で、予約や各種の問い合わせも日本語で対応してくれるのも嬉しい点です。

国内で物足りなくなったゴルファーの方や、日本は冬期間でゴルフ場が開いていないといった方は、ぜひハワイでのゴルフプレーを味わってみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ