八ヶ岳を望みながらプレーできる清里アーリーバードゴルフクラブ

清里アーリーバードゴルフクラブは、見るからにとても雄々しい八ヶ岳の峰々を望みながらプレーする事ができるリゾートゴルフクラブです。
このゴルフクラブへのアクセス方法は、所在地が長野県の佐久にあるという事もあり、車でのアクセスであれば、中央自動車道から現地へ行くというのが1番いいのかもしれません。

また、埼玉や群馬方面からのアクセスであれば、上信越自動車道を利用するというのも1つの方法となります。
このゴルフクラブの特徴的だと思われるホールのいくつかを紹介します。

まず始めに、アウトの3番ホールです。
ここはグリーン手前にバンカーがあり、このホールのグリーンは日本国内ではあまり見かける事のない2段グリーンになっています。

当然、カップの位置がその日のセッティングによって、2段グリーンの下にあるのか、上にあるのかも違ってきますし、それによってグリーンの攻略方法もだいぶ変わってくるので、その日のカップの位置には十分注意を払う必要があります。

次に挙げられるのが、インの11番ホールです。

このホールは一見すると、典型的な打ち下ろしのホールであり、通常の距離感よりも1クラブ下げてティーショットを打てば好結果を生む事になると思われるのですが、ここで注意したいのが、この清里アーリーバードゴルフクラブというコースが非常に高地にあるという点です。

つまり空気が薄く、ボールが飛びやすいという事なので、このホールのようなショートホールの場合は、特に影響が大きい事もあり注意をしておく必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ