戦略性に富んだ3コースで構成されている千羽平ゴルフクラブ

1900年と1904年のオリンピック競技として、過去2度に渡って開催されたのち、長らく廃止競技とされてきたゴルフは、2016年の夏季オリンピックより復帰する事が決定しており、根強いファンも多く、注目を集めているスポーツのひとつです。
日本海に面した北陸地方に位置する富山県には、全国的に見てゴルフ場の数こそ少ないものの、人気上位に選ばれるゴルフコースがあります。

北アルプスや富山湾など、大自然が広がる景観を楽しみながらプレーを満喫できる事が魅力として挙げられます。

その中のひとつ、名鉄グループの一員でもある小矢部市の千羽平ゴルフクラブは、北陸自動車道の小矢部インターチェンジから約4km、JR北陸本線石動駅よりタクシーでおよそ15分の場所にあります。

近隣には温泉宿やホテルがいくつかあり、プレーと宿泊施設のパック料金が組まれているプランも利用者には人気のようです。

また、丘陵コースである千羽平ゴルフクラブはストレートな設計で、たっぷりフェアウェイが広がる白山コースをはじめ、池やドッグレッグがあり、難易度の高いロングホールが続く日本海コースに加え、谷越えや池越えが待ち構える立山コースといった、それぞれ9ホールずつの3コースで構成されています。

全体的に正確さが要求され、戦略性に富んだコースが特徴でもあります。

このように、千羽平ゴルフクラブは、初心者から上級者までのプレーヤーの多くが、改めて自身の実力を再確認できる条件が揃った魅力あるゴルフコースと言えるのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ