白鷺ゴルフクラブは何度訪れても飽きない楽しさがあります

白鷺ゴルフクラブは、中国自動車道の加西インターより10kmのところにあるアコーディア・ゴルフが運営するゴルフ場です。
このコースは、グレッグ・ノーマン氏が日本国内で初めて全設計し、彼の哲学と感受性によって造られた、美しさとハードさを兼ね備えた名コースとなっています。

丘陵地の穏やかな起伏や深い森林、池などが極力ありのままの姿で残され、適度なアップダウンが生かされた戦略的な構造が特徴的です。

アウトは、フェアウェイの広さに変化のある、比較的距離の長いホールが多く、インは、打ち上げと打ち下ろしのホール、またはブラインドや大胆な池越えなどが巧妙にレイアウトされています。

4つのパー3のうち、3つの池越えはグリーン間際に池が迫る配置の絶妙さがあり、特に16番パー3は、白鷺ゴルフクラブの名物ホールとも言える難しいホールです。

ラウンドスタイルは電動型の自走式乗用カート乗用で、音が静かで快適なプレーが楽しめます。

練習場は40ヤード15打席あり、打席練習の他にも、プレー直前の最終確認ができるアプローチ練習場やバンカー練習場が充実していますので、近隣のゴルフ場にはない施設は注目すべきポイントでしょう。

そして、最大110名利用可能なコンペルームは、料理長自慢の豊富な会食メニューが取り揃えられています。
また、ソフトドリンク飲み放題や、特別セルフデーなどのお得なプランもあります。

このように、白鷺ゴルフクラブは、リーズナブルに利用でき、何度ラウンドしても攻略しきれない楽しさがありますので、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ