プレーヤーを飽きさせない宝塚高原ゴルフクラブ

六甲山及び大阪湾、紀州の山々が望める宝塚高原ゴルフクラブは、J・E・クレーン氏作のプレーヤーを飽きさせないコース設定になっています。
このゴルフ場は、昭和39年に開業した歴史あるクラブで、標高350mにあるため、夏は涼しくゴルフができます。
そして、「都会のオアシス」と謳われるように、一年を通じ、四季折々の草花や風景が楽しめます。

クラブハウスは歴史と伝統を感じる建物で、フロントロビーやレストランなどが大きくセパレートされた利用しやすい構造になっています。

コース自体は、地形の割にはアップダウンの少ないフラットな丘陵コースになっており、グリーンは大きく、比較的乗せやすいのが特徴です。
そして、グリーンから次のティーまでのインターバルが短いため、老若男女を問わず、あまり疲れずにプレーを楽しめます。

アウトはフラットなので思い切ったプレーができますし、インは池越えや谷越え、90度のドッグレッグホールなど、トリッキーなホールが数々あり、変化に富むショットが求められ、何度ラウンドしても飽きないでしょう。

また、練習場は、広大な敷地に約300ヤード・32打席を有しており、ラウンドボールを使用しているのでコースでのプレーと同じ打感を味わえます。
それから、レストランも広々としておりゆったりとくつろげますし、眺めの良い窓際での食事もお勧めです。

四川風味担々麺が名物料理ですので、利用の際には味わってみるのも良いでしょう。
高原情緒感じる宝塚高原ゴルフクラブは、初心者、上級者を問わず、何度ラウンドしても楽しめますので、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ