セントラルゴルフクラブnewコースは自然林豊かな丘陵コース

セントラルゴルフクラブnewコースは、自然林豊かな丘陵コースです。
14本全てのクラブを使うよう設計されたコースには、美しさと何度でも挑戦したくなるような不思議な魅力があるコースとなっています。
打ち初めのボールの落とし場所で攻め方が変わり、4ヶ所の各ホールの出発区域があり、それぞれで攻略法が異なります。

見た目には易しいですが選手のラウンド意欲をかき立てるコースで、実際は難しい場所もあり、またはその逆もあります。

インの16番から18番は池などがからむホールで、中でも16番ホールは正確な距離感が要求されます。
スコアメークのポイントは、フェアウェイのバンカーです。

ニューコースの特徴的なホールといってもいいのが16番ホールで、短めのミドルですが、手前から左サイドにクリークがあり、廻りが池に囲まれた島にあるようなグリーンになっているので、正確なショットが求められます。

1打目は230ヤードくらいで池に入ってしまいますし、左サイドのクリークを気にしすぎると右サイドの林に打ち込んでしまいます。
そして、右サイドの林付近にいってしまうとボールが打ちにくいので、方向を重視しすぎて距離を残してしまうとプレッシャーがかかります。

このゴルフクラブは池が多いので、まだ慣れていない初心者には難しいかもしれませんが、しかし、コースメンテも行き届いており、ティーグランドやクラブハウスからの眺めがとても美しく、景観でも18ホールを楽しむことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ