ツキサップゴルフクラブは名高い安田幸吉氏設計監督のコースです

札幌市内にあるツキサップゴルフクラブは、人の手が加わったことを感じさせない、自然の風景を重視した作りで名高い安田幸吉氏設計監督のコースです。
東京の駒沢で育ち、東京GCのキャディを経て関東のプロ1号となった人で、コース設計家として、埼玉県の浮間ゴルフリンクスを筆頭に、設計した数は50を越え、その中には小樽CCや千葉CC梅郷コース等、日本OP開催コースも含まれています。

コース造りは庭造り、下手な人にも面白くをモットーの人柄を反映して、やわらかい表情のコースが多いです。

ツキサップゴルフクラブは、大自然の静寂な時間とともにプレーに集中出来るゴルフ場で、松や白樺に囲まれたコースは、起伏の少ない林間コースとなっています。

南の島のリゾートを想像させるようなクラブハウスは、自然とバランスが取れて伝統と落ち着きが感じられます。
このゴルフクラブ敷地内には練習場も完備されており、お店や食堂も充実しています。

浴室も満足度が高く、コンペルームやロッカールームも清潔感があって、とても贅沢な作りになっています。
全長がレギュラーティからだと6595ヤードと長めのコースで、パー72の18ホールが独特の表情を持っています。

それぞれのコースには北海道の花の名前が付けられており、プレーする楽しさを感じさせます。
12番は340ヤード、パー4で、ナナカマドと付けられたサービスホールです。

しかし、左右が林に囲まれていて真っ直ぐに飛ばすことが要求されます。
一度、林に入れてしまうと困難で、グリーンの周辺にはナシの木とバンカーがあり、距離感を狂わせます。

グリーンオーバーはOBとなってしまいますので、飛距離を考えたクラブ選びが大事です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ