パサージュ琴海アイランドゴルフクラブについて

長崎県にあるパサージュ琴海アイランドゴルフクラブは、大村湾に突き出た半島の中にあり、日本ではなかなか類を見ない本格派のリンクスコースです。
シーサイドコースの変化のあるフェアウェイや、3つもある海越えのホールは難易度が高く、リゾートコースとはいえアンジュレーション巧みなグリーンはレベルが高いので一筋縄ではいきません。

このコースの醍醐味は、海越えの3番ホールだと言われています。
湾の中なので波があるわけではありませんが、10mぐらいの打ち下ろしで、海に突き出たグリーンに向かって打つというスリルのあるショットになります。

実際にラウンドした人は、四方を海に囲まれて、潮の香りを感じながらのプレーは日本であることを忘れると言います。
また、たとえばグリーンに乗ったとしても、中央の大きなコブがパットを難しくするなど、なかなか一筋縄ではいかないようです。

豪快なコースですが、アップダウンが少なくてフラットで、なおかつ景色がきれいなので女性にもお勧めです。
とあるランキングでは、シーサイドリンクスを堪能するのなら間違いなくベスト1だと言われています。

クラブハウスは、ソフトな色調で統一されたリラクゼーションスペースをテーマに、大きな窓越しに見える丘と海のコースが自然との一体感を深めます。

また、パサージュ琴海アイランドゴルフクラブに併設する、全室シーサイドビューのホテルに泊まれば、豪華なスパ、プライベートビーチで海水浴を楽しめるのももうひとつの魅力です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ