東京ゴルフ倶楽部は、日本人の手による日本で初めてのゴルフ倶楽部

東京ゴルフ倶楽部は、ニューヨークやロンドンなどでゴルフになじんだ当時の各界指導者によって、大正2年に設立された日本人の手による日本で初めてのゴルフ倶楽部です。
最初は東京の駒沢にあり、天皇や外国の皇太子が親善プレーを行いました。

昭和7年に新しい用地を確保して移転し、その際には海外より署名な設計者と建築家を招いて、本格的なゴルフコースと白亜のクラブハウスが完成し、東洋一のゴルフコースと言われました。
その後、戦時中には陸軍に士官学校用地として買収されたため、他のゴルフ倶楽部と合併して2度目の移転を行うこととなります。

戦時下の厳しい状況の中でも、自転車で通う熱心なメンバーもいましたが、敗戦後は占領軍に接収され、困難な時期が続きました。
昭和28年に接収から解放されて自主運営がスタートし、昭和30年に社団法人として新たなスタートを切ります。

昭和38年には、磨き丸太を巧みに生かした新クラブハウスが完成しました。
通算で日本オープンが7回開催されており、日本ゴルフ界の草分けとしても有名なゴルフコースです。
2013年に、創立100周年を迎えました。
ゲストがプレーを行うためには、原則として会員の同伴が必要ですが、平日は会員の紹介のみでプレーすることが可能です。

歴史の深い倶楽部のため、マナーやエチケットには厳しく、倶楽部ハウス内はジャケット着用が義務付けられるなど服装の規定も細かく定められています。
また、倶楽部ハウス及びコース内では、携帯電話の使用が禁止されています。
歴史あるゴルフ倶楽部で、機会があれば一度プレーしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ