オークモントゴルフクラブの特徴と評判について

オークモントゴルフクラブは、奈良県山辺郡山添村にあるジャック・ニクラウス氏の設計によるゴルフクラブです。
丘陵コースではありますが、各ホールともアップダウンはあまりありません。
フェアウェイは微妙なアンジュレーションがあり、要所には戦略性の高い池を多く取り入れてあり、飛距離感をしっかり把握した攻めが必要です。

設備の充実、食事のおいしさ、難易度、グリーンの難しさ、フェアウェイの広さ、距離の長さ、コースメンテナンスなど全ての項目で高い評価を得ています。
コースは、Eastコース、Westコース、Southコースの3コースがあります。
Eastコースの2番はミドルホールですが、左サイド残り100ヤード付近からグリーン手前までバンカーが続いています。

3番は、3つの池がある池越えのショートホールで、プレッシャーがかかりますし、7番のロングホールは、左サイドに池とフェアウェイを横切りながら続くバンカーが難易度を上げています。
Westコースの4番は、フェアウェイの左サイドに池、フェアウェイには大小様々なバンカーが点在するロングホールで、5番のミドルホールは、2度の池越えと横長のグリーンで難易度NO.1です。

Southコースの3番は、距離の長いショートホールで、フェアウェイ左サイドには大きなバンカーが口を開けています。
7番のショートホールは打ち下ろしの名物ホールで、9番のミドルホールはフェアウェイは左傾斜で2つの池、クリーク、ビーチバンカーが効果的に配置されています。

このクラブへのアクセスは、電車の場合は、近鉄大阪線名張駅からタクシーで15分で、車の場合は、名阪国道神野口インターチェンジから約8キロメートルです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ