パブリックコースの伝統を受け継ぐ森林公園ゴルフ場

森林公園ゴルフ場は、愛知県の尾張旭市と名古屋市守山区にまたがる、県立のレクリエーション施設「愛知県森林公園」内にあるゴルフ場です。
愛知森林公園には、約428haの森林の中に、ゴルフ場の他にも様々なスポーツ関連施設や植物園、遊園地などがあり、愛知県民の憩いの場として多くの県民に愛されています。

森林公園は、宮内省から払い下げられた御料林を、県民の保健休養林として活用するため設置されたもので、ゴルフ場は1955年12月に誕生しました。スタート時には、愛知県内にはメンバー制の「名古屋ゴルフ倶楽部和合コース」と「愛知カンツリー倶楽部」の2つしかゴルフ場がなく、公営のパブリックゴルフ場としては県内初、全国でも2番目で、森林公園ゴルフ場オープンは、当時のゴルファーから大きな喜びを持って迎えられました。

現在、指定管理者制度を導入し、民間資金を利用して民間に施設整備と公共サービスの提供をゆだねるPFI事業の一貫として、ゴルフ施設部分の管理と運営は森林公園ゴルフ場運営株式会社に委託されています。
しかし、歴史ある名門クラブであり、民間の運営ではあってもパブリックコースであることから、プレーフィーはリーズナブルに押さえられていて、18H、カートキャディ付き4人の1人当たり料金は、平日で約12,000円、土日祝日は16,000円強に抑えられています。

大都市圏にあることを考えれば、極めて利用しやすい価格設定だと言えるでしょう。
また、クラブハウス2階のレストランの評判も良く、家族や友人たちとコンペというのも楽しいかも知れません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ