帯広リバーサイドゴルフ場は河川敷を利用した無農薬コースです

帯広リバーサイドゴルフ場は、大雪、日高山脈を望める雄大な十勝平野に抱かれた十勝川に沿って広がる、全国で初めての河川敷地内にあるコースです。
帯広市街地の近くにあって、初心者から本格派のゴルファーまで、気軽に楽しむことができる低料金のパブリック制となっています。

自然の地形を生かした北海道の環境を考えて造られたフラットで、日本の河川敷ではあまり見ることの出来ない広々としたコースと、十勝平野を洋々として自然環境を考えた北海道内初の安心、安全、健康に配慮した無農薬で育まれたグリーンコースは、管理すべてが自然で爽快感が自慢です。

帯広リバーサイドゴルフ場は、練習場を挟む形で東西にコースが展開しており、河川敷コース特有の造りで堤防外のクラブハウスはありません。
自然の地形のコースはほとんど手を加えず造られているため、ところどころに背の高い樹木が残ってはいるものの、全ホールはフラットでティーショットの目標は取りづらいでしょう。

しかし、ホール間が広くて芝のグリーンにあまりクセがないので、全体的には優しいコースに仕上っています。
中でも5番と18番の池は要注意です。
5番の池はティーから300ヤード付近にあり、ティーショットを失敗すると思わぬプレッシャーになりかねません。

425ヤードでパー4と距離のあるホールだけに、無理をしないで慎重に攻めることが肝心でしょう。
グリーン手前18番の池は、セカンドショットのクラブ選択が必要です。
そして、帯広リバーサイドゴルフ場は、楽しみながら健康づくりに親しめるコースと地元民に評判となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ