クラシカルでロマンあふれる三田ゴルフクラブ

今はさまざまなゴルフ場がありますが、たまには原点に返って、クラシカルなゴルフ場に行ってみるのも面白いものです。
そのゴルフ場の歴史に触れれば、伝統あるゴルフの風格をあらためて肌で感じることができるのではないでしょうか。
兵庫県三田市にある三田ゴルフクラブは、昭和5年に開業した歴史あるゴルフ場です。

瓦屋根が懐かしい平屋のクラブハウスは、当時の面影を今に伝えています。
このゴルフ場は、当時ブルドーザーなどなかった時代に、ゴルフ好きな人が集まって、鍬ともっこを使い気の遠くなるような時間をかけて造られました。

それだけに「少しでもコースを良くしていきたい」、「お互い楽しくプレーしよう」という、このクラブを愛する精神が今でも受け継がれ、他のゴルフ場にはない温かい雰囲気を醸し出しています。

コースは伝統あるクラシックグリーンで、有馬富士に向かって打ち込むティーショットは創業当時のまま残されています。

距離は短めですが、自然を活かした手造り感あふれる設計なので、随所に考えさせられるショットを要求され、面白味のあるゴルフを体験することができます。

立地は、JR三田駅から送迎バスで6分という近さで、更に食事のおいしさにも定評があります。
三田ゴルフクラブの歴史をもっと知りたいなら、三田歴史館ギャラリーパーシモンがお勧めです。
昔のカート小屋を利用した趣ある建物をのぞけば、このゴルフ場がさらに好きになってしまうかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ