石川遼プロが名誉会員の滋賀ゴルフクラブ

滋賀県甲賀市のLPGA認定コースである滋賀ゴルフクラブは、石川遼プロが、2008年にプロになって初めて優勝した第74回関西オープンゴルフ選手権が開催されたゴルフ場です。
優勝した石川遼プロはその後、滋賀ゴルフクラブの名誉会員になっています。

1階の展示スペースには2013年マスターズの記念フラッグが飾られており、現地オーガスタでしか販売されていないという貴重なフラッグに石川遼プロのサインと写真付きで贈与されたもので、交流の深さが伺えます。

場所は新名神高速道路と名神高速道路の最寄りインターチェンジから10分から20分程度の距離で、好アクセスな立地にあります。

パー72の18ホール、ベントの2グリーンという設計になっており、最長距離のベント1グリーン、バックティでは7,082ヤードあり、JGAコースレートは74.1と、プロのトーナメント会場やアマチュア選手権の会場としても相応しく、難易度が高いという評価を得ています。

また、Web上には、全国のゴルフ場を検索し、ネット予約できるサイトが存在していますが、そのいくつかのゴルフ場予約サイトの中で滋賀ゴルフクラブをラウンドしたことのある方々の感想を見てみると、グリーンについての評価が高く、高速グリーンであることについてのコメントが多く寄せられていました。

ちなみに、プロのコースレコードは2008年に石川遼プロが出した65、アマチュアのコースレコードは、こちらも2008年に出した嶋崎辰紀選手の69です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ