相模原ゴルフクラブは名門中の名門です。

どの分野にも老舗、名門というものはありますが、相模原ゴルフクラブもゴルフ業界においてそのひとつと言えるでしょう。
1955年の完成からすでに半世紀以上の月日が流れ、紳士淑女のスポーツとしてのスタンスは変わることがありません。
基本方針が「会員及び従業員が誇りを持てるクラブ」という通り、ハード面、ソフト面のすべてにおいて、名門としての誇りが感じられるゴルフクラブです。

コースは巧みにハザードが設けられており、歴史を感じさせる豊かな樹木が見事にコースを縁取り、フラットでありながら非常に戦略性の高いものとなっています。

名物ホールである東コースの12番は、3打目にどのクラブを持ったかが話題になるほどのロングホールです。

1959年には日本オープン選手権、1980年には2回目の日本オープンが開催され、2007年3回目の日本オープン時には若手人気プロゴルファーの出場もあり大勢のギャラリーで賑わいました。

これ以外にも、いくつかの公式試合が開催されています。
そして、2013年10月に、日本女子オープンゴルフ選手権競技が開催されることが決定しました。

クラブ内では、3月から関連グッズの販売を開始しています。
また、相模原ゴルフクラブはアマチュアのプレーヤーはもちろん、観戦などの入場者にも一定のドレスコードが設けられています。

場合によってはスタッフから注意を受けることもあるとのことですので、事前にホームページ等で確認をしておいた方が良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ